『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『自動車保険 年齢条件で安くなる』
1990年代、損しない車保険がかなりの面で自由化され、その商品設計も自由になり、リスクを細分化することで保険料を調整することができるようになりました。

そのリスク細分化のひとつに、「年齢条件」による割引制度があります。

『この年齢以下の人間は運転しませんよ』とすることで、リスクを限定して保険料を下げることができるんですね。

この年齢条件に関して、会社によって少し面白い差があります。

大手の自動車保険は、年齢条件を同居の家族だけに適用しています。

しかし、エコキュート 補助金は、年齢条件を別居している子供や他人など全ての人に適用するのがほとんどのようです。

少しややこしいですが、大手の場合だと、同居の若い子供(大学生など)がいなければ、どの道別居は対象外なので年齢条件を思いっきり上げて保険料を安くすることができます。

その代わり、子供が運転して事故を起こした場合は保険は適用できません。

通販方は、別居だろうがなんだろうが、子供が運転する可能性があると思えば、親の保険が適用できますが、年齢条件は子供に合わせる必要があるため保険料は高くなってしまいます。

普通は年齢条件プラス本人限定・配偶者限定などを考えるので、年齢だけで考えるのはあまり現実的ではないかもしれませんが、気になる点は簡単に見積もりができるので、そこである程度解決しましょう。

スポンサーサイト
【2010/08/02 15:44】 自動車保険 | トラックバック(0) | コメント(16) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。